Mendeleyの注意事項?


Mendeleyでは文献情報に文献のPDFファイルも添付しておくことができます。そして、それをサーバにアップデートする設定にしておけば、PDFファイルもサーバ側に保存しておくことができます。そうすると、どこからでもPDFファイルにアクセスできるようになります。

Mendeleyのデフォールトの設定では、自分の作成している文献のライブラリやそれに添付されているPDFファイルは 他のMendeleyユーザから見えないようになっているはずですので、他人に見られたらまずいPDFファイルも添付しておけます。

が、My Publicationフォルダに登録した文献については公開されてしまう場合があるようです。ちょっと仕組み・ルールがよく分かっていないので、単に自分の設定がおかしかっただけかもしれませんが、My Publicationに入れた一部の論文のPDFファイルが、なぜか他のユーザから読める状態になっていたものですから。

自分の論文といっても、出版されたものについては普通コピーライトを出版社に譲渡しているので、許可を得ずに勝手に公開できませんよね。公開できない論文がある人はMy Publicationフォルダに入れても、他のユーザから見えないかどうかを一応確認した方がいいかもしれません。



Similar Posts:

Leave a Reply

スパム防止用認証(空欄に適切な数値を記入してください)。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)