EmacsでGAMSのプログラミングをするのに便利なツール


エディタのEmacsでGAMSのプログラミングをするのに便利なマクロやコマンド。

GAMS mode

  • GAMS用のEmacsのマクロ。まずこれ。詳しいことはここを参照。

Ediff mode

  • プログラムの差分(変更箇所)を表示するマクロ。diffのインターフェイス。
  • テキストファイルの比較(差分をとるツール)で紹介したもの。
  • 同じようなプログラムをいくつも書く人、他人とプログラムのやりとりをするような人は、プログラムに加えられた細かい変更点をチェックするという作業が必要になると思います。Ediffを使うことでその作業の能率を高めることができます。
  • というか、プログラムを目で見て比較するなんてそんなの無理ですから、必須のツールだと思います。

Org mode

  • これはGAMSのプログラミングとは直接は関係ないです。
  • メモをとるためのマクロです。Emacsに付属しています。
  • プログラムの変更点についてのメモやTODOリストを作成するのに利用しています。

Calc

  • これもGAMSのプログラミングとは直接は関係ないです。
  • 計算を行うためのマクロ。これもEmacsにデフォールトで付いています。ちょっとした計算をするのにはCalcを利用した方がずっと早いです。
  • 逆ポーランド記法で記述します(普通の中置記法でも使えますが)。
  • 使い方が少しとっつきにくいですが、インフォのチュートリアルを一度読みさえすればだいたいわかります。

CMD mode

  • DOSのバッチファイルを編集するためのモード。
  • バッチファイルからGAMSを実行している人、GTAPinGAMSを使っている人には便利だと思います。

autoinsert

  • これはファイルのテンプレートを挿入するためのマクロ。Emacsに付属しています。
  • GAMS用のテンプレートも追加できます。
  • 私はこれじゃなくて auto-insert-tkld.el を利用しています。似たようなものです。

windows.el

  • 複数のウィンドウ(Emacs用語ではフレーム)を同時に使い分けるためのマクロ。
  • 作業状態を保存しておく機能もついています。
  • ただし、私のところではこれを使うとEmacsが頻繁に落ちてしまいます。

elscreen

  • 複数のタブを使い分けるためのマクロ。
  • 上のwindows.elと似たようなものですが、こちらは複数のウインドウじゃなく複数のタブです。

grep-findgred-edit

  • 名前の通りEmacsからgrepを使うためのマクロ。
  • デフォールトのEmacsでもgrep.exeさえ入れれば、M-x grepでgrepを使えますが、grep-findではサブディレクトリも検索できます。
  • さらに、grep-editを使えば、検索により見つかったファイルを簡単に書き換えることができます。
  • 複数のファイルを一度に書き換えるというようなときに使うと便利です。

dabbrev-expand

  • これは単なるコマンド。ものすごく便利。
  • (global-set-key "\C-o" 'dabbrev-expand)
    でC-oに割り当ててます。

キーボードマクロ

  • これも単なるコマンド。
  • 同じ処理を何回も繰り返すときに便利。エクセルの「マクロの記録」と同じようなものです。
  • (global-set-key "\M-o" 'call-last-kbd-macro)
    として、"C-(" & "C-)" でマクロを記録、"M-o" で呼び出しています。

矩形処理

  • これも単なるコマンドの話。
  • 矩形処理のためのコマンド。GAMSのプログラミングするのにやはり非常に便利。
  • よく使うのは、"C-xrk"の矩形での切り取り、"C-xry"の矩形での貼り付け。

ESS

  • これも直接はGAMSとは関係なし。
  • Emacsで、R等の統計用ソフトを利用するためのマクロです。



Similar Posts:

Leave a Reply

スパム防止用認証(空欄に適切な数値を記入してください)。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)