Emacs lispの参考書


Emacsの拡張言語であるEmacs lispの参考書にYaTeXの作者の広瀬雄二さんが書いた『やさしいEmacs-lisp講座』という本がありますが、それの改訂版が最近出版されました。

Emacs lispについての本は(少ないですが)何冊かこれまで出版されていますが、私にとってはこの本が一番参考になりました。私はGAMS用のEmacs lispのプログラムを作成していますが、Lispどころかプログラミングの知識さえほとんどなかった私が自分で作成できたのはこの本を読んだおかげです。

本の内容のほとんどのは改訂前と変わっていないようですが、いくつか追加された部分があります。 その一つが、テキスト・プロパティ、オーバーレイ・プロパティについての説明です。この二つは自作のlispでもよく使っているのですが、意味もよくわからず使っていたものなので、今回、これについての説明が追加されたことは私にとっては非常にありがたいです。ただ、欲を言えば、マクロ(defmacroで定義するもの)の説明もあればいいのにと思いましたが...マクロのbackquote、アットマークの記法は未だよくわからないです。

この本が最初に出たのは1999年でもう10年以上たち、Emacs自体様々な機能が追加され変わっていますが、Emacs lispを覚えたい人にとっては今でもすごく有用な本だと思います





Similar Posts:

Leave a Reply

スパム防止用認証(空欄に適切な数値を記入してください)。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)