新しいシミュレーションの論文とそのプログラム


以下の論文を書きました。

武田史郎(2017)「排出量取引と自主的行動によるCO2削減の効果-応用一般均衡 モデルによる分析-」,『環境科学会誌』,30(2),pp.141-149
http://doi.org/10.11353/sesj.30.141

これは応用一般均衡モデルを用いて次の二つを分析した研究です。

  • 排出量取引によるCO2削減策において、排出量取引の対象部門を制限することの影響
  • 企業の自主的なCO2削減と排出量取引によるCO2削減の比較

短い論文ですので、もし興味がある方は直接論文を読んでいただきたいのですが、応用一般均衡分析で「企業の自主的な削減」を分析している研究はあまりないと思います。ただし、私のモデルの想定が「企業の自主的な削減」を適切に表せているか議論のあるところですが。


この論文のシミュレーションは GAMS を用いておこなっています。以下のページにシミュレーションのプログラムを置いています。

「排出量取引と自主的行動によるCO2削減の効果」

やはりプログラムを見たり、シミュレーションの出力結果を細かく分析しないと、シミュレーションが本当に適切に行なわれているのかどうかを判断することは難しいと思います。たいしたシミュレーションをしているわけではないですが、こういうことに興味がある人には少しは参考になると思います。シミューレションでどこかおかしいところがありましたら教えてください。

プログラムの一部(これはEmacs上でプログラムを開いている状況をhtmlファイルに出力したものです)



Similar Posts:

Leave a Reply

スパム防止用認証(空欄に適切な数値を記入してください)。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)