温暖化対策に関するシンポジウム


2017年12月15日(金)に、東京日本橋にある「早稲田大学WASEDA NEOホール」において、「パリ協定とカーボンプライシング-各国の政策動向と日本の長期削減目標に向けて-」という温暖化対策に関するシンポジウムが開催されます。誰でも申し込めば参加できるシンポジウムです。

私も参加し、「環境税制の改革:どうなる経済影響」というタイトルの発表をします。カーボンプライシング導入の際に同時に税制を改革することで、経済的な影響がどう変わるかを分析した研究(いわゆる二重の配当の分析についての研究)を紹介するような内容です。

シンポジウムのプログラムや参加の登録については「こちらのページ」をご覧ください。また、↓にパンフレットもありますので、ご覧ください。


パンフレット:「早稲田_カーホンフライシング・シンポジウム」



Similar Posts:

Leave a Reply

スパム防止用認証(空欄に適切な数値を記入してください)。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)