アジアにおける温暖化対策についての上海でのワークショップ


昨年(2017年)9月に、Harvard Project on Climate Agreementsが上海で開催したワークショップに参加しましたが、そのワークショップの内容等をまとめた冊子が作成されました。

International Cooperation in East Asia to Address Climate Changeというページに置いてあります。短いですが、その中の一つの章を早稲田大学の有村先生と書いています。


Takeda, Shiro and Arimura, Toshi. H. (2018) “International Cooperation on Climate Policy from the Japanese Perspective,” Robert N. Stavins and Robert C. Stowe (eds) International Cooperation in East Asia to Address Climate Change, Harvard Project on Climate Agreements, February 2018.

論文というよりは、国際間の排出量取引制度に関する短い論評のようなものです。

ワークショップには中国、韓国、日本、欧米と様々な地域からの参加者がいましたので、その方たちの書いたものも含まれています。アジアにおける温暖化対策の動向などを知りたい人には参考になると思います。




Similar Posts:

Leave a Reply

スパム防止用認証(空欄に適切な数値を記入してください)。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)