論文の間違いを修正


この間、RIETIで論文を発表したとき、間違いではないかと指摘をされた部分があった。

日本を8つの地域に分けたCGEモデルを使った分析なのですが、その8つの地域のうち四国が二番目に一人当たりGDPが高くなっているのはおかしいのではないかと指摘でした。確かに普通に考えて四国の所得が高いというのはおかしい。そこで確認してみたところ、一人当たりGDPを計算する際に利用した人口が四国だけ間違っていた(実際の数より少なくなっていた)ため、四国の一人当たりGDPが本当の値より高くなっていたことがわかりました。

この間違いで論文の結論が大きく変わるわけではないのですが、しょうもない間違いなので事前にわかってよかったです。指摘してくれた方には感謝です。

後は少し修正して最終的に提出する。同じものを春の日本経済学会で発表するので、そちらにも提出する。

この地域間CGEモデルを不完全競争に変更したモデルも現在作成中。



Similar Posts:

Leave a Reply

スパム防止用認証(空欄に適切な数値を記入してください)。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)