財務省による排出権収入の試算


時事通信:2008/05/25-21:10 CO2排出量を競売に=5兆円規模の歳入も-財務省検討より

財務省は、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの国内排出量取引(キャップ・アンド・トレード)の導入をにらみ、オークション(競売)を通じて企業に排出量を割り当てる方式の検討に乗り出した。環境税に似た新たな安定財源として、年5兆円規模の歳入を見込める。

収入が5兆円ということは

  • 排出量が10億トンなら、排出権価格は5,000円/トン
  • 排出量が5億トンなら、排出権価格は10,000円/トン

ということになる。ちょっと排出権価格が高め?



Similar Posts:

Leave a Reply

スパム防止用認証(空欄に適切な数値を記入してください)。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)