CO2を排出する権利の価値


毎日jp(毎日新聞)より

しかし、排出量取引は二酸化炭素削減の決定的手法や主役のように受け取られがちだ。本来、価値のないものを価値のあるものに表示替えし取引するのが排出量取引であり、京都議定書でも補助的手法とされた。万能ではないことは理解しておく必要がある。

これは逆ですよね。「大気」は将来の世代を含めた人類全体にとって貴重な資源であるのに、これまでそこにCO2(GHG)というゴミを「無償」で捨ててきたというだけで、CO2を大気に排出する権利というのは本来価値のあるもの(対価を支払って得るべきもの)だと思います。



Similar Posts:

Leave a Reply

スパム防止用認証(空欄に適切な数値を記入してください)。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)