DVDの動画をiPodに入れる手順のメモ


iPod に DVD の動画を入れる手順。

持っている iPod は少し古い第5世代のもの。詳しい仕様は↓の通り。

http://support.apple.com/kb/SP26?viewlocale=ja_JP

このうち問題なのは動画 (ビデオ) についての仕様。動画を iTunes で見るだけであれば、動画の形式 (コーデック) がさえ合わせればよいが、iPod は解像度やビットレートに制限があるので、その制限に対応した動画を作成する必要がある。

自分の iPod の動画についての仕様は以下の通り。

H.264ビデオ
(最高1.5Mbps、640×480、毎秒30フレーム、最高レベル1.3のベースラインプロファイル(最高160 Kbpsの AAC-LC)、48 kHz、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ)、264ビデオ(最高768 Kbps、320×240、毎秒30フレーム、最高レベル1.3のベースラインプロファイル(最高160 Kbpsの AAC-LC)、48kHz、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ)

MPEG-4ビデオ
(最高2.5 Mbps、640×480、毎秒30フレーム、シンプルプロファイル(最高160 KbpsのAAC-LC)、48 kHz、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ)

H.264 と MPEG-4 の二つのタイプの動画が対応しているが、両者の違いはよくわからないので、とりあえずMPEG-4 のほうにしておく。


ちなみに現時点での最新の iPod Classic では

H.264ビデオ
最高1.5Mbps、640×480、毎秒30フレーム、H.264バージョンのLow-Complexityベースラインプロファイル(最高160KbpsのAAC-LC)、48kHz、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ

H.264ビデオ
最高2.5Mbps、640×480、毎秒30フレーム、最高レベル3.0のベースラインプロファイル(最高160KbpsのAAC-LC)、48kHz、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ

MPEG-4ビデオ
最高2.5 Mbps、640×480、毎秒30フレーム、シンプルプロファイル(最高160KbpsのAAC-LC)、48kHz、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ

という仕様。MPEG-4 のほうは昔とほとんど変わらないが、H.264 の方は制限が緩くなっている。

解像度は最大で 640×480 にできるが、DVD の動画が 16:9 のアスペクトなので、16:9 となるように 640×360 で作成する。

□ 以下、手順

  • まず、適当なソフトで DVD の VOB ファイルをリッピングする。
  • 好みに応じて、VOB ファイルを結合する。これには cygwin の cat を利用する。例えば、VTS_01_1.VOB と VTS_01_2.VOB という二つの VOB ファイルを movie1.vob という一つのファイルに連結したいのなら
cat VTS_01_1.VOB VTS_01_2.VOB > movie1.vob

とすればよい。VOBファイルは中身はMPEG-2形式のファイルなので、単純に連結できる。

連結した VOB ファイルを MPEG-4ビデオに変換する。動画形式の変換をするためのソフトはいろいろあるが、ここでは

  • 細かい指定ができる
  • バッチファイルと組み合わせれば、多数のファイルに対して複雑な処理を同時におこなうことができる

ということで、コマンドラインからffmepg を利用する。これにはまず次のような中身の convert.bat というバッチファイルを作成しておく。

SET PROG="c:\bin\ffmpeg.exe"
SET CFILEA=%1.vob
SET CFILEB=%1.mp4
%PROG% -y -i %CFILEA% -an -pass 1 -passlogfile %CFILEA% -f mp4 -vcodec libxvid -s 640x360 -b 1500k -bufsize 2000k -maxrate 768k -g 250 -threads auto %CFILEB%
%PROG% -y -i %CFILEA% -pass 2 -passlogfile %CFILEA% -f mp4 -vcodec libxvid -s 640x360 -b 1500k -bufsize 2000k -maxrate 768k -g 250 -threads auto -acodec libfaac -ac 2 -ab 128k %CFILEB%
    • ffmpeg.exe はフリーソフトなので、インターネットのどこからかダウンロードできる。
    • 環境変数 PROG には ffmpeg.exe のパスを指定する。上のプログラムでは "c:\bin\ffmpeg.exe" と指定。
    • 2 pass で変換する。2 pass で変換すると時間はかかるが、可変ビットレートとなり、ファイルサイズを小さくすることができる。
    • 細かいオプションの意味は自分でもよくわからず。一応、ffmpegの説明書で説明されています。
  • さらに、次のような中身 do_convert.bat というファイルを作成し、これを実行する。
call convert.bat movie1
call convert.bat movie2

これで movie1.vob と movie2.vob という二つの VOB ファイルが movie1.mp4 とmovie2.mp4 という二つの MPEG-4 ファイルに変換される。



Similar Posts: