交易条件効果


貿易理論の研究している人にとって「交易条件効果」は基礎中の基礎の概念だと思います。温暖化のCGEモデルでも、多地域のモデルを利用する場合には貿易が入ってくるので、交易条件効果が出てくるのですが、これがなんというか貿易以外の専門の人には非常に説明しにくいです。

貿易は自由化したほうがいいとよく言われてる一方で、関税上げる(つまり、自由化と反対のことをする)と(交易条件が改善する結果)厚生が上昇するというのがどうも不思議に思えるようです。

温暖化のCGEモデルでは排出規制を導入すると日本のようなエネルギー輸入国の交易条件は改善するという結果が普通は出ます(エネルギーの輸入を抑えることになり、エネルギーの国際価格を押し下げる効果を持つので)。

なんかわかりやすい説明方法ないですかね。



Similar Posts:

Leave a Reply

スパム防止用認証(空欄に適切な数値を記入してください)。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)