更新日: 2017年04月03日      

研究のページ

Home (en) > ホーム (ja) > 研究のページ

研究関連のページ。論文、ノート、シミュレーションのプログラム等。


著書

  • 有村俊秀・蓬田守弘・川瀬剛志(編)(2012)『地球温暖化対策と国際貿易: 排出量取引と国境調整措置をめぐる経済学・法学的分析』、東京大学出版会の以下の 章
    • 第1章, 武田史郎, 「応用一般均衡モデルによる地球温暖化対策の分析:有用性と問題点」, pp.15-36.
    • 第3章, 武田史郎・有村俊秀・爲近英恵, 「排出量取引の制度設計による炭素リーケージ対策:排出枠配分方法の違いによる経済影響の比較」, pp.63-86.
    • 第4章, 武田史郎・堀江哲也・有村俊秀, 「日本の国境調整措置政策・炭素リーケージ防止と国際競争力保持への効果」, pp.87-108.
  • 有村俊秀・武田史郎(編著)(2012)『排出量取引と省エネルギーの経済分析: 日本企業と家計の現状 』、日本評論社
  • 秋葉弘哉編著、『国際経済学』、第12章, 「地球環境問題」を担当、ミネルヴァ書房、ミネルヴァ経済学テキストシリーズ

論文

刊行済み論文(※は査読付き)

  • ※ 武田史郎(2017)「排出量取引と自主的行動によるCO2削減の効果-応用一般均衡モデルによる分析-」,『環境科学会誌』,30(2),pp.141-149,http://doi.org/10.11353/sesj.30.141
  • ※ Yamazaki, Masato., and Takeda, Shiro (2016). “A Computable General Equilibrium Assessment of Japan’s Nuclear Energy Policy and Implications for Renewable Energy.” Environmental Economics and Policy Studies. http://doi.org/10.1007/s10018-016-0164-3
  • 武田 史郎、山崎 雅人、川崎 泰史、吉岡 真史(2016)「GTAP9とGTAP-Power データベースの特徴」,ESRI Research Note No.26,2016年7月 http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_rnote/e_rnote030/e_rnote026.pdf
  • ※ 白井大地・武田史郎・落合勝昭. (2013).「温室効果ガス排出規制の地域間CGE分析」,『環境経済・政策研究』,6(2), pp.12–25. http://ci.nii.ac.jp/naid/40019823794/
  • ※ Yamazaki, Masato and Takeda, Shiro (2013). “An assessment of nuclear power shutdown in Japan using the computable general equilibrium model.” Journal of Integrated Disaster Risk Management, 3(1), 36–55. http://doi.org/10.5595/idrim.2013.0055
  • ※ Takeda, Shiro, Arimura, Toshi H., Tamechika, Hanae, Fischer, Carolyn, & Fox, Alan K. (2013). “Output-based allocation of emissions permits for mitigating the leakage and competitiveness issues for the Japanese economy.” Environmental Economics and Policy Studies, 16(1), 89–110. http://doi.org/10.1007/s10018-013-0072-8
  • 武田史郎・鈴木 晋・有村俊秀 (2013)「温暖化対策における国境調整措置の動学的応用一般均衡分析」,『経済分析』,第186号, http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis291/e_dis291.html
  • ※ Takeda, S., Tetsuya, H., & Arimura, T. H. (2012). A Computable General Equilibrium Analysis of Border Adjustments Under the Cap-and-Trade System: A Case Study of the Japanese Economy. Climate Change Economics, 03(01), http://dx.doi.org/10.1142/S2010007812500030
  • 武田史郎 (2011)「応用一般均衡モデルによる温暖化対策の経済的影響評価」,『環境情報科学』,第 40 巻,第 2 号,pp.27-31. http://www.ceis.or.jp/search/entries/article/1/40/6533
  • 有村俊秀・武田史郎 (2011)「国際競争力・炭素リーケージに配慮した国内排出量取引の制度設計」, Business & Economic Review, 7月号. pp.65-80.
  • 有村俊秀・杉野誠・武田史郎(2011)「国内排出量取引の国際リンクによる経済的影響に関する研究:応用一般均衡分析によるアプローチ」、『環境研究』、No.161
  • ※ 武田史郎・川崎泰史・落合勝昭・伴金美 (2010) 「日本経済研究センターCGEモデルによるCO2削減中期目標の分析」、環境経済・政策研究、Vol.3 pp.31-42.
  • ※ Shiro Takeda (2010), "A computable general equilibrium analysis of the welfare effects of trade liberalization under different market structures," International Review of Applied Economics, 24:75-93, http://doi.org/10.1080/02692170903424307, [Supplement & Program]
  • Shiro Takeda, (2007), "Economic Growth and Carbon Emissions with Endogenous Carbon Taxes", Research Bulletin of Economics, Kanto Gakuen University, Vol.31, No.1. [Supplement & Program]
  • ※ Shiro Takeda (2007) "The double dividend from carbon regulations in Japan", Journal of the Japanese and International Economies, Volume 21, Issue 3, September 2007, Pages 336-364. http://dx.doi.org/10.1016/j.jjie.2006.01.002, [Supplement & Program].
  • ※ Shiro Takeda (2005) "The Effect of Differentiated Emission Taxes: Does an Emission Tax Favor Industry?", Economics Bulletin, Vol.17, No.3, pp.1-10. http://www.accessecon.com/pubs/EB/2005/Volume17/EB-04Q20009A.pdf.
  • ※ Shiro Takeda (2001) "International Income Transfers under Technological Uncertainty", Hitotsubashi Journal of Economics, Vol.42, Issue 2, pp.141-155. http://hdl.handle.net/10086/7696.

未刊行論文

  • Shiro Takeda, Toshi Arimura, Hanae Tamechika, Carolyn Fischer, Alan Fox, (2011) "Output-Based Allocation of Emissions Permits for Mitigating the Leakage and Competitiveness Issues for the Japanese Economy", RFF Discussion Paper 11-40 | September 2011.
  • 武田史郎・堀江哲也・有村俊秀 (2011). 「応用一般均衡モデルによる排出規制に伴う国境調整の分析」、上智大学環境と貿易研究センター・ディスカッションペーパー、CETR DP J-11-2、2011年3月.論文のページ
  • 武田史郎・爲近英恵・有村俊秀・Carolyn Fischer・Alan K. Fox (2010). 「国際競争力及びリーケージ問題に配慮した排出量取引制度の設計:応用一般均衡分析による生産量に基づく排出枠配分の研究」、上智大学環境と貿易研究センター・ディスカッションペーパー、CETR DP J-11-2、2010年4月.論文のページ
  • Comparison of the Effects of Trade Liberalization under Different Market Structures. [Supplement & Program]
  • 「貿易政策を対象とした応用一般均衡分析」、RIETIディスカッションペーパー:[Supplement & Program]
  • 「温暖化対策分析用CGE モデルへの新技術・新エネルギーの導入方法」[Link].New ESRI Working Paper Series No.5.川崎泰史氏、伴金美氏との共同論文.
  • 武田史郎・伴金美, 2008,「貿易自由化の効果における地域間格差:地域間産業連関表を利用した応用一般均衡分析」, RIETI Discussion Paper Series, [Supplement & Program]

他にもSSRNに論文があります。

 

ノート

ノート(論文ではない経済学関連の文書)については別ページに移行しました。