更新日: 2018年12月23日      

jecon.bst: 経済学用BibTeXスタイルファイル

Home (en) > ホーム (ja) > TeXのページ > jecon.bst(経済学用bstファイル)

経済学用のbstファイル(BibTeX用のスタイルファイル)です。


英語のみ対応版はこちら (econ.bst)。英語文献のみで日本語文献は使わない (のでpbibtexではなく、bibtexで処理したい)が、カスタマイズは楽にしたいという人用。jecon.bstは日本語文献は使わないときでも、pbibtexで処理する必要がありますが (pbibtexしか認識せずbibtexではエラーとなるis.kanji.str$という命令を利用しているため)、econ.bstではjecon.bstから日本語処理部分を全て除去しています。

導入

BibTeXの標準的なスタイルファイルの中には、jplain.bst、jalpha.bst、jabbrev.bst等のように日本語の文献にも対応しているものがすでに幾つもあります。しかし、これらのスタイルファイルでは、経済学でよく用いられる「著者名 (年)」という形式で引用することはできません (cite命令を使ったときのはなしです)。また、Referenceに列挙する形式も経済学で通常使われている形式とは異なっています。

一方、経済学で用いられる引用・参照形式を実現するBibTeXスタイルファイルとして、aer.bst、ecta.bst、cje.bst等があります (詳しいことはここ)。これらのスタイルファイルを、natbib.sty、あるいは、harvard.styと同時に使うことで「著者名 (年)」形式で引用することができ、しかもReference形式も経済学でよく見られる形式ものにすることができます。しかし、これらのスタイルファイルは、英語の文献を前提として作られているため、日本語の文献を適切に扱うことができません。

飯田修さんという方が、英語・日本語の両方の文献を扱え、しかも「(著者名,年)」という形式で引用することが可能なjpolisci.bstというスタイルファイルを作成してくれているのですが、引用形式が「(著者名,年)」ですので、ちょっと経済学の標準的な形式とはずれています。

こういうわけで、経済学の標準的な形式で日本語・英語を両方扱えるBibTeXのスタイルファイルがないようだったので、jecon.bstというのを自分でつくってみました。もっとも、つくったと言っても飯田さんのjpolisci.bstを修正しただけです。

jecon.bstでできること

jecon.bstを使うと次のようなことができます。

  • natbib.styと組み合わせることで「著者名 (年)」形式で引用可能です。
  • 経済学でよく利用されるようなreference形式をBibTeXにより作成することができます。
  • 英語の文献だけでなく、日本語の文献も適切に処理できます。
  • 他のBibTeX用のスタイルファイルよりも表示形式のカスタマイズが簡単にできます。

ダウンロード

jecon.bstはGitHub(https://github.com/ShiroTakeda/jecon-bst)で開発しています。 https://github.com/ShiroTakeda/jecon-bst/releasesから最新版をダウンロードしてください。「Source code (zip)」というリンク先のファイルです。


zip ファイルの中身の説明

jecon-example.pdf jecon-example.tex を PDF に変換したもの。使用例、使い方はこれ見てください。
jecon.bst jecon.bstというのが BibTeX のスタイルファイルです。変更点はCHANGES.mdを参照。
jecon-unicode-lualatex.pdf jecon.bst でユニコード文字を使用する方法を解説した文書です。
jecon-example.tex jecon-example.pdf の元の TeX ファイル。 TeX のファイルの書き方の参考にしてください。
jecon-example.bib jecon-example.tex で使う bib ファイル。自 分で、 jecon-example.tex をコンパイルするなら必要です。また、日本語の文献の データベースの書き方を参考にしてください。
CHANGES.md 修正履歴.

カスタマイズ

カスタマイズしやすいように bst.xxx.yyy というような名前の関数をたくさん導入し ました。この bst.xxx.yyy という関数の中身を書き換えることで参考文献の形式をカス タマイズすることができます (詳しくは jecon-example.pdf を見てください)。

カスタマイズの例

  • デフォールトのまま のもの » jecon-default.pdf
  • jecon-a.bst(括弧などの装飾をできるだけなくしたもの)» jecon-a.pdf
  • jecon-b.bst(いろいろ変えてみたもの)» jecon-b.pdf
  • jecon-tategaki.bst(数字を漢数字にして縦書きにしたもの)» jecon-tategaki.pdf
  • jecon-no_sort.bst(引用順にそのまま並べる形式)» jecon-no_sort.pdf
  • jecon-jet.bst(Journal of Economic Theoryのような形式。引用部分が番号での引用になります)» jecon-jet.pdf

どの bst ファイルも基本的なコードは jecon.bst と同じですが、bst.xxx.yyy とい う関数の中身だけ変更したものです。自分でカスタマイズしたい人は参考にしてみてくだ さい。jecon-a.bst、jecon-b.bst等はzipファイルに入っています。

変更点

変更点については CHANGES.md を見てください。


その他

  • この jecon.bst の元になった jpolisci.bst を作成してく ださった飯田修さんに感謝します。jecon.bst なんて名前を付けてます が、中身の重要な部分はほとんど jpolisci.bst と変わりません。
  • 改変には aer.bst、萩平哲さんのウェブ サイト、樋口耕一さんによる nissya.bst等も参考にさせていただきました。 これらの有益なプログラム、ページを作成してくださった方々に感謝します。
  • とんでもない不具合があったらすぐ直します。emailに連絡ください。
  • ここをこうして欲しい、こうしたいという要望がありましたらおっしゃってく ださい。ぼくに直せるようなものだったら直しますので。

古いバージョン

このページの変更歴

2008/03/29以降の変更歴。

  • 2013-07-09: ver.3.0.
  • 2013-02-21: 説明の中で "jbibtex" としていたところを "pbibtex" に修正した.
  • 2009-06-23: ver.2.6.2のリリース.バグ修正のみ.
  • 2009-06-07: ver.2.6.1のリリース.バグ修正のみ.
  • 2009-01-22: 誤植訂正。
  • 2008-12-22: ver.2.6のリリース。
  • 2008-06-02: 説明の文章を少し修正。
  • 2008-03-29: ver.2.3をリリース。