Archive for 2012

大学の猿

大学の研究室がある建物は大学の一番奥に入ったところで、後ろはちょっとした山です。 これまでも鹿がそばまで降りてきたりしたのは何回かありましたが、最近、猿がよくでます。

パソコンの故障

私が大学で使っているパソコンは自作パソコンです。大学で働き出してから10年、ずっと自作のパソコンを使っています。 最近、使っていたものは今年の夏に部品を購入して組み立てたものです。使い始めてからずっと調子が悪かったのです […]

GTAP8データ

GTAP8データが今年の春にリリースされました。GTAP8では基準年はGTAP7の2004年から2007年に変更になっています(ただし、2004年のデータも使えますが)。しかし、GTAP8の基になっている日本のデータは2 […]

経済セミナー 2012年12月・2013年1月号

「エネルギー政策と経済学」の特集しています。 特に、早稲田の有村先生と阪大の伴先生の記事は経済学勉強している人に参考になると思います。伴先生の記事では、エネルギー・環境会議での応用一般均衡モデルのシミュレーション結果がま […]

MS Word 2010で等幅フォントで本当に等幅を表示させる方法

私はWordの文書の中にプログラムのコードを含めることがよくあります。プログラムのコードは通常、等幅のフォント(例えば、Courier NewやConsolas)でなければ読みにくくなってしまうので、本文ではMS明朝やC […]

温暖化対策における国境調整措置の動学的応用一般均衡分析

新しい論文がESRIのDiscussion Paperになりました。 ESRI Discussion Paper No.291 温暖化対策における国境調整措置の動学的応用一般均衡分析 動学的CGEモデルを利用した温暖化対 […]

国際間の排出量取引のシミュレーション

このページで紹介した 『排出量取引と省エネルギーの経済分析: 日本企業と家計の現状』という書籍でおこなっているシミュレーションのコードをこのページにアップロードしました。 GAMSで書かれたプログラムです。 実行するには […]

温暖化対策の国境調整の論文(climate change economics)

温暖化対策の国境調整措置についての論文がClimate Change Economicsに掲載されました。 http://www.worldscientific.com/doi/abs/10.1142/S20100078 […]

双対アプローチ

一般均衡モデルを表現するのに「双対アプローチ」と呼ばれる方法があります。双対アプローチとは、 モデル(均衡条件)を記述する際に、生産関数、効用関数、非補償需要関数(マーシャルの需要関数)等を使わず、費用関数、支出関数、条 […]

EPPAモデルのコードの感想

温暖化対策分析用のCGEモデルにMITのEPPAモデルというモデルがあります。MIT EPPAモデルのコードで紹介したように、このEPPAモデルはシミュレーションのコードが公開されています。CGEモデルを使った温暖化対策 […]