負の値をとる変数の変化率(?)


今まで変数の変化率は最初の値がゼロでなければいつでも定義(計算)できるとばかり思っていたのですが、馬鹿みたいに単純なことをよくわかっていないことに気がつきました。

何かというと負の値をとる変数の変化率をどう考えればいいかということです。

変化率は通常次の式で計算されます。

(A式) 変化率 = (変化後の値-変化前の値)/変化前の値

例えば、「変化前 = 10」、「変化後 = 12」なら

変化率 = (12-10)/10 = 2/10 = 0.2

となります。

しかし、「変化前 = −10」、「変化後 = −8」として、A式を使うと

変化率 = (-8+10)/(-10) = 2/(-10) = -0.2

となります。増加しているのに変化率はマイナスになるのでおかしいです。

なんだか馬鹿みたいに単純な話かもしれないのですが、そもそも負の値をとる変数の変化率は定義できないということなのでしょうか?



Similar Posts:

Leave a Reply

スパム防止用認証(空欄に適切な数値を記入してください)。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)