温暖化対策についての日本政府の方針


福田首相の講演全文→「低炭素社会・日本」をめざして

以下は、温暖化対策で姿勢転換、EU牽制 「実効性」掲げ、首相エコ戦略(産経新聞) – Yahoo!ニュースより

 ≪2020年にCO2、14%削減可能 「福田ビジョン」ポイント≫

 一、今秋に排出量取引の国内統合市場の試行的実施を開始

 一、日本の2050年までの長期目標は、現状から二酸化炭素(CO2)60~80%の削減

 一、20年ごろの中期目標は来年のしかるべき時期に発表。20年に05年比14%減が可能

 一、国別総量目標の設定では、ダボス会議で提案したセクター別アプローチで各国の理解を得る

京都議定書の削減義務→GHGs90年比6%減→2005年比13.8%減。これを考えると「20年に05年比14%減が可能」はかなり少ないのでは?



Similar Posts:

Leave a Reply

スパム防止用認証(空欄に適切な数値を記入してください)。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.