キャップ&トレード(cap and trade)


「排出量取引は幻想」 電事連・勝俣会長(産経新聞) – Yahoo!ニュースより

電気事業連合会の勝俣恒久会長(東京電力社長)は13日の会見で、企業に温室効果ガスの排出上限(キャップ)を割り当て、過不足分を市場で売買する排出量取引制度(キャップ&トレード)について、「市場メカニズムだけで削減するのは幻想に近い」と述べ、実質的な削減には技術革新が不可欠だと改めて強調した。

これだけ読むと、「市場メカニズムを使いさえすれば技術革新がなくても温室効果ガスを削減できる」と主張している人がいるような言い方ですね。そんな人いるのですかね? キャップ&トレードを主張している人であっても、決して技術革新はいらないなんて言っているわけではないと思います。



Similar Posts:

Leave a Reply

スパム防止用認証(空欄に適切な数値を記入してください)。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.